アレキシ ライホ;Alexi Laiho(チルドレン・オブ・ボドム) が死去!死因は病死?経歴や代表作は?過去に痩せたと話題にも

 

突然の訃報が舞い込んできました。

元Children Of BodomのシンガーでギタリストのAlexi Laiho(アレキシ ライホ)さんが
「長期的な健康問題」のため41歳で死去しました。
死因は明らかにされていないようです。

41歳という若さですが、コロナの影響でなくその前からの健康的な問題があったようですね。

詳しく調べてみました。

アレキシ ライホ(チルドレン・オブ・ボドム) が死去

チルドレン・オブ・ボドムのフロントマン、アレキシ ライホ(Alexi Laiho ) が死去と発表されました。

所属レーベルのNaplamによると、フィンランドのミュージシャンは先週、

ヘクルシンキの自宅で亡くなったそうです。

死因は明らかにされていないが、41歳のライホは「長期的な健康問題」に悩まされていたという。

 

 

アレキシ ライホ(Alexi Laiho )経歴

アレクシ・ライホは1993年にChildren Of Bodomを結成し、2019年末に解散するまで彼らを率いていた。

アレクシ・ライホとドラマーのジャスカ・ラーティカイネンは1993年にChildren of Bodomを結成し、
バンドは2019年12月の最後のお別れコンサートまでフィンランドで最も国際的に評価されているメタルアクトの1つでした。

スポンサーリンク

 

2020年には新バンド「Bodom After Midnight」を結成しました。
3曲をレコーディングし、1曲のミュージックビデオを撮影したが、これは後に死後に公開される予定です。

そのほかの受賞歴も

Children of Bodom以外にも、LaihoはWarmen、Sinergy、Kylähullut、The Local Bandなどのアクトで知られていた。

ライホはメタルハマー・ゴールデン・ゴッドやその他いくつかの国際的な賞を受賞しています。

そして、2015年のヘルシンキ・フェスティバルでは、彼が作曲した大規模なコンサート作品である
"100 Guitars From Hel "で100人のギタリストグループを率いて主役を務めました。

 

追悼の言葉

Bodom After MidnightのバンドメンバーであるDaniel Freyberg、Mitja Toivonen、Waltteri Väyrynen

"親愛なる友人でありバンドメンバーの突然の死に、私たちは打ちひしがれています。
言葉では言い表せないほどの衝撃と深い悲しみを感じています」と、は語っている。

ライホの姉は次のように語っています。

"私たちは皆、ショックを受け打ちひしがれています。
このつらい時期にプライバシーと理解をお願いします」とコメントしている。
弟の葬儀は非公開で行われるそうです。

ライホの妻、ケリ・ライホ=ライト

"アレクシーは最も愛情に溢れた素晴らしい夫であり、父親でした。
私たちの心は永遠に壊れています。

 

SNSの反応は?

https://twitter.com/savage_headbang/status/1346052723985137665?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Etweet

https://twitter.com/ArcS89/status/1346077315130744832

https://twitter.com/fumi3D/status/1346077617628172288

 

 

 

https://twitter.com/claclatorenai/status/1346076001730666496

スポンサーリンク
おすすめの記事