ヤマザキコレ(漫画家)の顔・プロフィール紹介!代表作品は?

皆さんは、「ヤマザキコレ」という漫画家を知っていますか?


ヤマザキコレさんは大人気漫画「魔法使いの嫁」の作者として有名な漫画家さんです。この漫画はアニメ化もされ、多くのファンが魅了された作品です。


皆さんも一度は聞いたことのある作品ではないでしょうか?



今回は、そんな人気漫画家のヤマザキコレさんのプロフィールや気になるお顔まで紹介していきたいとおもいます!


ヤマザキコレのプロフィール

名前:ヤマザキコレ(本名は不明)
年齢:31歳(2021年7月現在)
性別:女性
誕生日:6月10日
デビュー作:2012年「ふたりの恋愛書架」
出身地:北海道

受賞歴:マンガ大賞(第8回)

ヤマザキコレさんは、Twitterやブログもされているので一度覗いてみてはいかがでしょうか?

Twitter


ブログ


ヤマザキコレさんの名前についてですが、もちろんペンネームです。本名は公開していないみたいですね。そして年齢は1990年生まれの現在(2021年7月時点)31歳だそうです。


出身地は北海道で、現在も活動は北海道でしているそうです。





2012年「まんがタイムきららフォワード」に「ふたりの恋愛書架」を発表しています。元々一般企業で働いてたが退職し、同人活動をしていた所を編集者の目に留まりデビューを果たしたそうです。そして2013年に「月刊コミックブレイド」に「魔法使いの嫁」を連載開始し人気博しました。


気になる顔は公開している?


気になるヤマザキコレさんの顔ですが、残念ながら公開していないようです。漫画家さんは、基本顔出しをされていない方が多いのですよね。ヤマザキコレさんが、今後顔出しをするかは不明ですが、期待して待ちましょう。


ヤマザキコレの作品一覧


ヤマザキコレさんの作品を紹介していきたいと思います。



「ふたりの恋愛書架」



https://twitter.com/bookland_akiba/status/1107244839886684160



「ふたりの恋愛書架」は、2013年2月12日発売したヤマザキコレさんのデビュー作で、全2巻の恋愛漫画です。


スポンサーリンク

あらすじは、年上のお姉さんの「カナコ」と草食系男子高校生「秋生」が本をきっかけに出会います。カナコは会話を交わすうちに、秋生を「運命の相手」と見始めてふいにプロポーズをしてしまいます。そんなカナコに戸惑いながらも、次第に惹かれていく秋生との年の差ラブストーリーです。



「魔法使いの嫁」



https://twitter.com/EzoYamazaki00/status/1368155728729411592



「魔法使いの嫁」は2014年4月10日に発売し、現在も連載中のダーク・ファンタジー漫画です。


あらすじは、主人公の羽鳥チセと人外の魔法使いエイワス・エインワースの物語です。チセは、生まれつき人ならざる存在を目にする力を持っています。しかしそのことで家族や周囲の人々から疎まれ不幸や孤独のなかにいたチセは、イギリスで開催された闇のオークションへ自らを売りに出します。



そこで、チセに目を付けたエイワスに魔法の才能を見出され、彼の弟子になり生活を共にするようになります。その後、チセはイギリスの魔法学校に入学し、聴講生として魔法について学んでいきます。エイワスも教師として学園におり共に学園生活をスタートさせるという物語です。



「フラウ・ファウスト」





「フラウ・ファウスト」は2015年4月7日に発売し、全5巻のファンタジー漫画です。


あらすじは、18世紀から19世紀のドイツをモデルにした世界のお話です。主人公ヨハンナは、契約がありながらも無断で自分の元を立ち去った悪魔メフィストフォレスを探し旅をしています。そんな時、ひょんなことからマリオンという少年と出会い、共に旅をするという物語です。



人気ゲームFGOのイラストを担当している?


ヤマザキコレさんは、人気スマホゲームのFGО(フェイトグランドオーダー)のイラストを手がけた事があります。


2019年のクリスマスイベント礼装「乙女たちの午餐会」のイラストを担当されています。





ファンの方々は絵柄を見ただけで、ヤマザキコレさんの絵だと気づいた人もいたみたいです。それほど特徴的で魅力あるイラストという事ですね!



まとめ


さて、今回は人気漫画家のヤマザキコレさんを紹介していきました。



「魔法使いの嫁」はとても人気の作品で2017年10月にアニメ化もされています。原作は現在も連載されているので、続きが気になる人は必見です。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事