イカゲームは全何話?意味は?あらすじや感想は?続編(シーズン2)はある?

イカゲームは全何話?意味は?あらすじや感想は?続編(シーズン2)はある?

Netflixオリジナルの韓国ドラマ「イカゲーム」

9月17日から公開され、全世界でヒットし話題の作品になっています。

イカゲームについて知りたい!という方は参考にしてみてください。

イカゲーム記事まとめ

イカゲームとは?

イカゲームはNetfilixで限定配信されている全9話の韓国ドラマです。

勝てば天国、負ければ…即死。賞金に目がくらみ、奇妙なゲームへの招待を受けた参加者たちを待っていたのは、昔ながらの遊びを取り入れた死のゲームだった。

イカゲームとはもともと子供の遊びで、◯、×、△などの図形を地面に描いてエリアを取り合う、いわば陣取りゲームが由来になっているようです。

公式のホームでもイカの様な図形が見えますね。

そんな和気藹々とした遊びとは裏腹に、ドラマの内容はかなりスリリング。

映画化もされた福本伸行のマンガ『カイジ』と似た世界観であるとの声もありますが、

こちらの作品は人間ドラマの要素を強めており、これまでのデスゲームを扱うドラマとは違った新しい作品となっています。    

■あらすじは?|感想

イカゲームは全9話。

主人公はイ・ジョンジェ演じるギフン。   多額の借金を抱え、ギャンブルで一攫千金を狙っていたある日、見知らぬ男性に電話番号を渡されます。 それは大金を手にすることができるゲームへの誘いでした。 勝てば天国、負ければ即死 。昔ながらの遊びを取り入れた奇妙なデスゲームに巻き込まれていきます。

第1話|だるまさんが転んだ日

第2話|地獄

第3話|傘をさした男

第4話|チーム分け

第5話|平等な世の中

第6話|カンブ

第7話|VIPたち

第8話|フロントマン

第9話|運のいい日

大金を掛けたデスゲームの参加者は総勢456名。

6つのゲームを勝ち抜くことで大金を手にすることができます。

最初は「だるまさんが転んだ」

スポンサーリンク

5分以内にゴールできればクリアです。もし動いているところを見つかればゲームオーバー。

2つ目は型抜き

時間内に上手く型抜きできればクリア。

ただしくり抜くのはガチガチに固められた砂糖で、道具は針1本のみ。

道具が無くなったり、時間内に型抜きが終わらなければゲームオーバー。

3つ目は綱引き

10対10で対戦し、負けた方はゲームオーバー。

4つ目はビー玉遊び

時間内に相手のビー玉を全て奪えればクリア。

5つ目は飛び石わたり

時間内にガラスでできた橋を渡り切れればクリア。

6つ目は本作のタイトルにもなっているイカゲーム

いわゆる陣取りゲームに勝てばクリア。

負ければ即死のデスゲーム。これらを乗り越え、大金を手にすることができるのか?

気になるところですね。

ネタバレ防止のためざっくりと内容を紹介しましたが、全てに驚きや逆転の展開が用意されており、最後まで飽きの来ない内容に仕上がっています。

■続編は?

現在「イカゲーム」は全9話配信されています。次のシーズンを連想させる内容のエンディングだったこともあり、シーズン2配信もあるのでは?との声もささやかれているようです。

ところが、脚本・監督を務めたファン・ドンヒョクは、ある雑誌の取材に対し、続編の予定は今のところないと答えています。

「『イカゲーム』のシーズン2について、具体的な計画はありません。正直、今からシナリオを考えるのはしんどいです(笑)。また私が担当するのならば、次は複数人からなる脚本チームと一緒にプロットを考えて、複数人の監督と共同して制作したい」

本作の脚本も試行錯誤を繰り返しやっとできた作品で、脚本を描くのがシンかったみたいですね。

■おわりに

まだまだ人気上昇中のイカゲーム。

まだ見ていない方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク